クラミジアは自覚症状がない事が多いと言われますが、どのような症状があるか解説します。

クラミジア治療薬

クラミジアの基礎知識

体験談

クラミジアの症状

日本で最も多い性感染症クラミジアですが、感染率の高さと、自覚症状が少ない為、感染が拡大していると言われています。男性は50%、女性は80%も自覚症状がないとされていて、気付かないままに感染させていたり、いざ妊娠しようと思っても、検査をしたら実は数年前にクラミジアに感染していて、それが原因で不妊症になっていたというケースも多くあります(女性だけでなく男性の不妊症の原因にもなります)。また、HIV等、他の感染症にかかる確率が5倍になると言われています。症状がないからと言って、甘くみてはいけない大変危険な病気です。

症状の現れ方は様々あり、男性と女性では違いがあります。また、喉や目に感染している場合もあるので注意が必要です。性器に感染していて治療をしても、目と喉には別の治療が必要になる事が多いので、目と喉も念のため検査するようにしましょう。

男性の症状

男性の場合、副睾丸炎、排尿痛、尿道からの分泌物、軽い排尿痛、尿道のかゆみや不快感、精巣上体の腫れ、軽い発熱や痛み等があります。

女性の症状

おりものの増加、不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛み等があります。

目の症状

まぶたの裏側あたりに炎症がおきて、まぶたが腫れる、充血、むくみ等があります。結膜炎の原因になる場合もあります。

喉の症状

のどの腫れ、痛み、発熱等がありますが、症状が出ない事も多く、風邪等と勘違いされ易いです。

感染してから1週間から3週間ほどで症状が出る場合が多いですが、前述した通り全くなかったり、なんとなく違和感がある、という程度の場合もあります。だからと言って放置しては大変危険な病気です。気になる事があったらすぐに検査をしましょう。

もしも陽性だったとしても、初期であればジスロマック等の薬の服用のみで完治出来ます。病院に行く時間がなかったり恥ずかしかったりする方もいるかもしれませんが、検査キットも治療薬も病院に行かずに通販で購入する事もできます。放置すると悪化してしまうので、あとで後悔をする前に、早めに対処しましょう。