ジスロマックにはアジーというジェネリックがありますが、そもそもジェネリックとは何でしょうか?

クラミジア治療薬

クラミジアの基礎知識

体験談

ジェネリックについて

ジェネリックという言葉は、日本でも聞く機会が増えてきていると思います。他の先進国に比べ、日本はジェネリックの普及率が20%も低いのですが、これからの超少子高齢化で医療費が圧迫される為、国はジェネリックの普及を推進していく方針です。

では、ジェネリックとは、どのようなものなのかご存知でしょうか?医薬品には、先発薬と後発薬のジェネリックの2種類があります。薬は、販売されてから約20年は特許によって守られ、他の製薬会社は同じ成分の薬を販売する事を禁じられています。薬の開発には数億円のコストと長い年月がかかりますので、先発薬を販売した会社はこの期間に売上によってかかったコストを回収します。この制度がなくては、新しい薬を開発しようという会社がなくなる危険があり、医薬品の進歩が滞ってしまうので大変大切な制度です。

ジェネリックが安い理由

特許が切れた後に販売されるのがジェネリックです。もともとある成分で作るので、販売までに時間とコストはそれほどかかりません。そのため、先発薬の2割から7割程度の安さで販売できるのです。

効果や安全性

気になる安全性などですが、有効成分・量、用法用量、効果効能は先発薬と同じでなければいけません。薬の形や色、味、添加物などは変えてもいいため、ジェネリックの方が飲みやすい形や味に改良される場合も多くあります。副作用などもほぼ変わらないとされていますが、添加物などは異なる場合があるので、人によっては違うと感じる場合も稀にあるようですが、ほぼ同じ薬だと思っても問題ありません。また国の厳しい審査がなければ販売できないので、安全性についても保障されています。

日本では販売されていないジェネリック

殆どの国は上記のような制度になっていますが、インドは薬事法が異なり、先発薬が販売されて間もない薬のジェネリックも販売されています。インドは今やジェネリック大国と呼ばれ、品質は世界トップクラスで、世界中で人気になっています。クラミジアの治療などに使われるジスロマックのジェネリックであるアジーなども販売されています。安く購入したい方にはお勧めです。ただし日本では購入できないので、通販サイトを利用しましょう。


■アジーを購入する方法はこちら