クラミジアの脅威

クラミジアとは最も発症しやすく、また患者の数が最も多い性病です。
2012年7月に日本性教育協会(文部科学省関連機関)が3000人の女子高校生を対象に行った検査によると、13%以上がクラミジアに感染していることが判明しています。
また、性行為の相手人数が増えるほどに感染率が高まることも分かっており、経験人数が5人以上の場合は感染率32%という驚きのデータが発表されています。

しかし、このような中でも「自分は大丈夫」と思い込んでいる方が多く、他人事ととらえている方が多いのも事実で、知らず知らずの間に他人に移している方が多いのではないでしょうか。
クラミジアは上述のデータからも非常に感染しやすいことが分かっているため、感染したことに気付いたら移さないように治療することが重要です。
相手に移してしまうと様々な問題が発生しますが、特に人間関係の悪化はその後の人生に大きな影響を及ぼします。

一時の判断ミスが人生を左右することの無いように、下記のようにしっかりと「自分は性病ではない」ことを確認するようにしましょう。

さて、その確認方法ですが、何も性病のクリニックに行く必要はありません。
個人輸入代行サイトを利用して下記を揃えるのみです。

・性病検査キット(クラミジア検査キット)
ご自身がクラミジアに感染しているかどうかを確認するための検査キットです。
自宅で20分程度で簡単に検査でき、そのまま感染の有無を確認できます。

・クラビット(レボフロックス、レボクイン等)
クラビットとはクラミジアの治療薬で、他にも淋病などにも効果があります。個人輸入代行サイトなどでは、クラビットのジェネリック医薬品であるレボフロックスやレボクインといった医薬品が人気のようです。

・ジスロマック(アジー)
ジスロマックもクラビットと同様にクラミジアや淋病を治療するための薬です。ジスロマックの特徴はクラビットよりも効果が強いことにあります。
現在の主流は徐々にジスロマックに傾き始めている印象で、特にジェネリック医薬品のアジーが人気を博しているようです。

上記を見てお分かりの通り、検査を行い、薬で治すというだけです。
もしも検査の結果が陰性(感染していない)であっても、クラビットやジスロマックはもしもの時のお守りとして持っておくとよいでしょう。

クラミジアは誰にでも感染する可能性のある性病です。
今から自分を守る対策を練っておくようにしましょう。