個人事業主の源泉徴収事情

個人事業主の保険事情や源泉徴収について。 - 福利厚生は経費として計上できる?

福利厚生は経費として計上できる?

福利厚生は経費として計上できる?
個人事業主として考えなければならないのは、一般的な企業と同様に、従業員の福利厚生についてです。
ただ、個人事業主としては、福利厚生にかかる負担はできるだけ抑えたいところですね。
そこで気になってくるのが、個人事業主の場合の福利厚生については、経費で落とせることができるのかという点です。
福利厚生は、必要経費として考えられるのかは、ちょっと考えても分かりにくいですね。
実は、福利厚生も事業の必要経費として計上できるようになっています。

販売費や一般管理費

少し詳しく述べてみますと、必要経費というのは販売費や一般管理費といった名目から成っていますが、このなかで一般管理費に該当するのが、福利厚生にかかる経費なのです。
福利厚生の経費はもともと一般管理費として計上できるようになっていますから、わざわざ別の費用として計算し直さなくても十分なのです。
ここで、個人事業主の場合の福利厚生は具体的にどんな経費になるのかを見ておきましょう。
まず、従業員のライフイベントに掛かる費用、たとえば結婚式や葬儀、そして交通費や食事代、社員旅行を企画している事業費ならそのための旅行費用などが挙げられます。
ただ、福利厚生のための経費が必要経費にすべて計上できるかどうかは、まだまだあいまいな部分も残っています。
適用される基準は、個人事業主の場合と企業との場合で若干異なってくるのも混乱のもとですね。
ですが、事業主としては、活用できる制度はちゃんと活用しておきたいものです。
福利厚生経費についてもっと詳しいこと、正確なことが知りたい場合は、税理士に依頼して相談に乗ってもらうことをおすすめします。顧問弁護士を付けておくと、いつでも相談できて安心ですね。
必要経費のミスは確定申告をした後で発覚しても遅いので、福利厚生費については無理に経費として計算しないという手もあるでしょう。

源泉徴収とは何か?

一般的な企業に勤めている人なら、給料から「源泉徴収」という形で数パーセント分が天引きされるのは当たり前になっていますが、それでは銀行に預けているお金の利子や、国債や地方債などの金融商品による利益にも、税金がかかってしまうという事実は見落としがちではないでしょうか。
源泉徴収以外の税金のシステムもある程度知っておかないと、思わぬケースで損してしまったなんてこともあるかもしれません。
ここで源泉徴収について少しだけ詳しく述べてみますと、実は源泉徴収はほぼどんな職業の人の給料からもひかれているんです。もちろん、退職金からも一定の割合でひかれています。
プロのスポーツ選手やホステスといった職業まで、源泉徴収はちゃんと存在しています。
また、身近なところでは懸賞に当たった賞品に対しても、実は源泉徴収がひかれるようになっています。

パートやアルバイトより高額に稼げる

高額なものであればあるほど、源泉徴収で弾かれる割合も高くなっていきます。具体的にどのくらいの源泉徴収がひかれているのかは、会社員の場合は勤め先から発行される源泉徴収票などで確認ができるようになっています。
そもそも、源泉徴収とは何の目的でひかれるのか?と、実はあまり良く知らないという人もいるのではないでしょうか。
源泉徴収は、勤めている企業が労働者の代わりに国に納める税金です。その内訳は、住民税と所得税から成っています。
働いている人であれば、パートやアルバイトでも関係なく、給料からあらかじめ源泉徴収が天引きされて支払われるようになっています。
源泉徴収を「控除する」という言葉をよく耳にしないでしょうか?それは、収入から一定の税額を引くという意味なのです。
源泉徴収というのは、税務署の役人があらゆる場面でシステムとして機能しているようなものですね。
源泉徴収で惹かれる割合も、給料の金額や、扶養家族の人数によって計算が違ってくるようです。

Copyright(C)2014 個人事業主の源泉徴収事情 All Rights Reserved.